Dear Mechnikov

暑い!!

徳島から帰ってきて、東京の寒さと天気の悪さにびっくりしましたが、じめじめなのは相変わらずで。

そしてまた気温も復活してきて体力奪われますね。
徳島は気温高くても湿度は東京ほど高くならないので快適でした☆

さて、そんなお疲れ気味の身体には、これ。

[画像:a8290af5-s.jpg]


トマト味噌汁~!
作り方はいたって簡単。味噌汁にトマトと豆腐とヨーグルトを入れるだけ。
よって、レシピ割愛!笑

ホントはね、栄養成分とか書きたいんだけどね、気が向いたら追記します。笑

トマトはミニトマトを使ってますが、おっきいのを切って入れてもOK。
皮が気になる人は、湯剥きするか、味噌汁に投入した後にぺろんと剥いて取り除きましょう。あら楽チン♪

ヨーグルトは火を止めてから、1人分につき大さじ一杯くらい入れてやさしく混ぜます。
ヨーグルトは出汁の役割を果たしてくれるとともに、コクを出してくれます。
ヨーグルト味にはなりません。

また、トマトにもグルタミン酸が含まれていて出汁が出るので、旨味たっぷりです。
やさしい酸味も身体に染みる~!

冷蔵庫の残り物料理にもよかったらどうぞ~。

こんにちは!

私は今年、これまで頑なに拒んできた炭水化物の制限にチャレンジすることになり、やる気満々でパッタリ食べないようにしていたのですが、もともと低血糖気味なこともあり、すごく体調が悪くなりました。笑

そもそも個人的にはあんまり炭水化物を抜くことをいいとは思っておらず、早急に改善が必要な、病気を招く肥満状態への処置として有効だと考えています。
もちろん、年齢とともに代謝は落ちるので、それに合わせて減らすことは必要ですが、炭水化物は燃やすための燃料でもあるので、適量取ることは必要だと考えています。

ただ、不規則すぎる生活故、かなり余分なものをため込んでしまったので、そこそこストイックな改善が必要なのも事実で、、、。
ということで、体調が悪くならない範囲で炭水化物を減らすことにしました。

自分が取り組んでいることには人間興味が湧くもので、どうやったらこの生活を楽しめるかな~、ヨーグルトをどう活用しようかな~などど考えるようになりました。
そのとき思いついたのが今回のレシピ。

私は糖質制限ではなく、ゆるい炭水化物制限なので、白砂糖や小麦、白米の量を抑えることを意識しています。
なので、厳密な糖質制限をしている人にはオススメできないのですが、特に食事制限をしていない人にとっても身体にいいレシピということでご理解ください。

さて、作ったのは甘いもの好きには欠かせないチョコレート!
今回はバレンタインも近いということで生チョコにしてみました。

材料も作り方もとてもシンプル。
砂糖や乳化剤などが入っていないカカオマスをレンジでチンして溶かしたら、そこにハチミツとヨーグルトを加えて練り上げるだけ。
ハチミツとヨーグルトは予め混ぜておくと手早く仕上がります。
これをキッチンペーパーを敷いた容器に流し、冷蔵庫で冷やし固めます。
固まったらキッチンペーパーごと取り出し、包丁で好きな大きさにカット。
これに乾燥ココナッツをまぶしたらできあがり~~♪

image


カカオマスを使っているので、かなり濃厚な仕上がりです。
もっとビターにしたい方はハチミツの量を減らしてくださいね。

食べすぎは禁物ですが、なかなか身体が喜ぶチョコレートに仕上がりました。
というか、濃厚で満足感があるので、食べすぎる心配はないと思いますよん。

本当に簡単なので、良かったら試してみてくださいね。
それでは~(^^)/


**【レシピ&栄養成分】*********

◆カカオマス 100g
・・・ポリフェノール、テオブロミン、食物繊維、ビタミンE、ナイアシン、カルシウム、マグネシウム
⇒抗酸化作用、整腸作用、集中力アップ、記憶力アップ、リラックス効果、皮膚や粘膜の健康維持、骨粗鬆症予防

◆ヨーグルト 100g

◆ハチミツ 100g
・・・果糖、ブドウ糖、オリゴ糖、ビタミン、ミネラル、グルコン酸
⇒低カロリー、高甘味度、効率の良いエネルギー源、善玉菌増加

◆乾燥ココナッツ 適量
・・・中鎖脂肪酸、食物繊維、カリウム
⇒即効性のエネルギー源、整腸作用、むくみ予防、血圧上昇抑制

*********************

こんにちは!

今日はヨーグルトとは関係ないのですが、先日「今年は色んな話題について書いていきますよ~」とお話ししたので、早速いってみます。

私には年末から年始にかけて長期戦で取り組んでいたことがありました。
それは断捨離。

自分で買ったものはバッサバッサ捨てられるんだけど、いただきものとかはどうにも込められた想いを考えてしまって捨てられず、ものが増える一方でした。
最近ではうまくフリマアプリとかを利用する手もあるとは思いつつ、今回はあげられるものはあげ、そうでないものはどんどん処分しました。

その結果、狭い我が家ではありますが、ちょっとワクワクするようなスペースが出現。
レジャーシート敷いてピクニックでもしたくなりました。
※広さではなく、あくまで気分の話です。笑

でも、少し生活には不便だったため、メジャーを持って入念に検証し、必要最低限の数とお金でニューカマーたちを迎えました。
検証の甲斐あって、サイズも使用感も最高。
断捨離対象にならなかった古株の家具たちも、配置換えにより以前よりも断然いきいきし始めました。

実は今回の断捨離兼模様替えにはテーマがあり、それは「おうちオフィス化計画」でした。
オフィスと言っても自宅を事務所にするわけではないし、そんなたいそうな内装でもありません。
ただ、家の中に快適で集中できる空間が欲しく、それが私にとっての「オフィス」だったのです。
そして、実際それを実現してみて気付いたことがありました。
それは、「寛ぎのスペースをなくすことで寛ぎの空間が生まれた」ということ。
は?って感じだと思いますが、これまでの私の部屋にはソファーと低めのテーブルがありました。
でも、ソファーに座ってそのテーブルで何か作業をするとなると、体勢的に疲れるし、頭も寛いでいいのか仕事モードなのか混乱してしまう。
結果、どっちのモードでも使いづらいという残念な感じになっていました。

私はインテリアが好きなので、雑誌に載っているような素敵なリビングにも憧れるし、大きな家なら寛ぎのスペースとは別に書斎を持てばいいと思います
ただ、現状の私には「ちょっと設備の整った子供部屋」みたいなのがちょうどいいみたいです。

そして、この気付きから生まれた発見がもう一つ。
それは、「私はのんびりするのが下手だ」ということ。
まぁ気付いてはいたんですけどね。

寛ぎのスペースがあると、「寛がなきゃ!」と思ってしまう。
でも、「寛ぐ」ってどうしたらいいのかわからない。
いや、頭ではわかるし、寛げてるときもあるんです。寛ぎたいという欲求も持つし、寛ぎがないと困る。
でも、もともと自分が必要としてる寛ぎって実はそんなに多くなかったり、雑誌で見るような寛ぎではないのかもしれない。
そんなことを感じました。

やりたいことがあって、そのためにやるべきことが明確で、それをどんどん実行している。
成功しても失敗しても学びを得て、前進している。
常に自分に挑戦していて、成長を感じられる。
それが私にとっては大きな喜びなので、そこに寛ぎもあるんですよね。
だから、それを最大化できる環境が寛ぎの空間ともいえます。
ちなみに私の今の課題は、挑戦したことがない目標に対してやるべきことを明確にできるようになることです。

とは言っても、身体の寛ぎ=休息は大切です。
でないと最大のパフォーマンスが出せず、もやもやし、寛ぎは失われます。
また、頭にも空白の空間、遊び心がないといい仕事はできませんね。
そして、家族を大切にすること。

偉そうに書きましたが、私はこれができているということではなく、むしろできていないからこそ書いています。
大失敗をした過去もあります。 

そんなことも交えながら、今後は私のことや健康についても書いていきますので、興味を持ってもらえたら嬉しく思います。
気が向いたら読んでみてくださいね。

それでは!

このページのトップヘ